MENU

その記事の書き方はホントに合ってる?初心者ブロガーが勉強すべきは文章だけではない!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんなお悩み抱えてませんか?

今書いてるブログの記事の書き方は正しいのかな?

ブログ記事を書くにあたって何を勉強すればいいか分からない

初心者がブログ記事を書く時に注意するのはどんなところ?

ブログの記事を上手く書けていますか?

私は初心者ブロガーさんにアドバイスをすることも多いですが、共通して言えるのは「ブログの記事の書き方を分かっていない」ことです。

とても読みやすい文章なのに…」 

ここを改善すればもっといいなぁ

などなど、思うことはたくさんです。

そこで、この記事では実際に私が初心者ブロガーさんのお悩みを聞く中で多かった質問や気になる点などの解決方法をまとめてご紹介していきます。

初心者ブロガーさんが自分では気付きにくいポイントや改善するコツも解説していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

目次

読むのがイヤになるのはどんな記事?

1.内容と口調が合っていない

論文などあれば「〜である。」という口調でも何の違和感もないです。

しかし、おすすめデートスポット紹介の記事で「みなとみらいはデートスポットに優れている。なぜなら夜景が綺麗だからだ。」と書かれているとかなり違和感を感じますし、なんとなく記事を参考にしたくないですよね。

これが、「みなとみらいの夜景は関東でもトップクラスに綺麗なので、気になるあの子とのデートではいい雰囲気になること間違いなしですよ!」と書かれていると、とても気になります。

このように、記事の内容に合わせた口調で文章を書くことは非常に大切なのです。

2.急な自分語り

あなたのブログを見に来る人は、あなたに興味があって見に来るのではありません。

記事の内容に興味があって見に来るのです。

なので、必要以上にあなたのことを文章にすると、読者の興味は薄れてしまいます。

例えば、「高級レストランで10年シェフをやっていました」や「年間映画を100本以上見ています。」といった、記事の信頼性を高める記述は書くべきです。

しかし、「昨日、映画を見に行ったときに食べたポップコーンが美味しかったです。さて、今回紹介する映画は〜」といった、記事の内容に関係ない自分語りは書かないようにしましょう。

3.内容が脱線しすぎ

読者は何かしらのキーワードで検索をして、気になっている内容が書いてある記事をタイトルで判断します。

例えば、「カレー 作り方」と検索をして『簡単に作れる!美味しいカレーの作り方をご紹介!』という記事を見つけた、といった流れです。

このとき、実際に見た記事の内容が「カレーを作る前にまずはお皿を選びましょう!次に鍋を〜」など、カレーの作り方ではないことが延々と書かれていては、記事を見る気が失せてしまいますよね。

つまり、タイトルから想像できる記事の内容通りに、記事の見出しを構成をすることが大切です。

4.語尾が連続して同じ

何気なく記事を読んでいても“読みやすい文章”と“読みにくい文章”は存在します。

読みにくい文章の代表的な例としては、語尾が連続して同じ文章です。

例えば、、、

ブログでは記事を書くことが大切です。

ただ、記事を書くための勉強法を見つけるのは大変です。

私もブログを始めたばかりの頃は記事の書き方がわからなかったです。

そんな私が一人前のブロガーになることができた勉強法はこちらです。

このように、語尾が「〜です。」と連続して続いていては読みにくいですよね。

話し言葉だと気にならないことでも、文章にすると気になることは意外と多いのです。

初心者ブロガーの間違っている記事の書き方とは?

1.そもそも『ブログ』の存在価値を理解していない

ブログは『日記』ではないです。

あなたが芸能人でもない限り、「筆者が今日何をして何を考えているか」について読者は興味がありません。

大切なのは、あなたの悩みを改善した経験を文章にすることです。

例えば、この記事を見てくださっている方は「記事の書き方・勉強法」を知りたいのであって、この記事を書いている私に興味がある方はいないはずですよね。

つまり、ブログの記事は“誰が書いているか”ではなく“何が書いてあるか”が重要なのです。

2.Googleアドセンスに固執した記事を制作している

初心者ブロガーさんは、まずGoogleアドセンスを目指してブログを運営する方が非常に多いです。

実際に私にアドバイスを求めてくださる初心者ブロガーさんも「Googleアドセンスに合格したいんです!」という方がたくさんいます。

もちろん、ブログで『0から1』を生み出すという点で言えば、Googleアドセンスはもっとも成果を出しやすい方法でしょう。

ただ、ブログを初めて数年は、Googleアドセンスだけでは十分な収益を得ることができませんし、数ヶ月は収益が数十円なんてことも珍しくありません。

つまり、Googleアドセンスのためにブログを運営するのはもったいないのです。

3.キーワードを選ばずに記事を書いている

中には自分の気になったことだけを記事にしている初心者ブロガーさんもいます。

“ブログ運営に慣れる”という点では素晴らしいと思いますが、先ほどもお伝えしたようにキーワードを決めることは読者に“どんな記事なのか”を伝えるために重要です。

(キーワードの選び方については後述しますので、ぜひ参考にしてください。)

4.文章が極端に短い・長い

ブログの記事の文字数を気にしていますか?

記事の内容にもよりますが「2000文字〜5000文字」で書かれている記事が、検索で上位に表示されている場合がほとんどです。

500文字のような内容の薄い記事や、10000文字といった読むのが疲れてしまうような長い文章だと、読者からは『価値のない記事』と判断されてしまう場合もありますので気をつけましょう。

初心者ブロガーが実践したい勉強法は?

1.とにかく文章を書く

とにかく2000文字程度の記事を量産することで、驚くほど文章を書く力がつきます。

ここまでお伝えした内容を意識して記事を書いていけば、あっという間に読んでもらえる記事を書くことができるはずです。

記事の内容はあなたが興味のあることから書いてみましょう。

そして、何気なく書いた記事が検索で上位に表示されたら、「なぜ検索で上位に表示されたのか」を研究してみることがオススメです。

2.人気ブロガーの文章を読んでみる

有名なブロガーは、検索をすればいくらでも出てきます。

その中から、あなたの気になった有名ブロガーの記事を読んでみましょう。

彼らは、もちろん文章を書く力は優れていますが、それ以上に惹きつける言葉遣いとても参考になります。

そんな有名ブロガーを参考にして記事を書けば、きっとあなたの文書も魅力的になるはずです。

3.ライティングの本を読んでみる

初心者ブロガーに向けた本はたくさん発売されています。

『文章を書くとは?』を知りたい方は、本を読んでみることがオススメです。

“文章を書くこと”よりも勉強するべきポイント

1.キーワード選定

先ほどからお伝えしているように、ブログにおいてキーワード選定は非常に大切です。

キーワードは以下のサイトを参考に選定しましょう。

Googleキーワードプランナー

→Googleで検索されているワードや検索ボリュームを調べることができます。

Googleトレンド

→Googleで“イマ”検索されているキーワードを調べることができます。

ラッコキーワード

→よく検索されている関連キーワードを調べることができます。

2.ターゲット選定

ブログの記事では誰に向けて記事を作るのかも非常に大切です。

例えば、『ブログ 記事 勉強法』というキーワードだとしても、初心者ブロガーさんに向けた内容なのか、現状50万円ある収益をさらに伸ばしたいと考えているブロガーさんに向けた内容七日によっても、全く違う内容になりますよね。

ですので、ターゲット選定では「ブログを副業で始めたばかりの30代会社員」のように詳細な人物像を想像して記事を書きましょう。

ターゲット選定が難しい場合は、ブログを始める前の“過去の自分”に向けた記事を書くのもおすすめですよ。

3.競合サイト調査

キーワードを選定するときに、気をつけたいことがあります。

それは、現状で検索上位に表示されている記事よりも、あなたが「価値のある情報を提供できるのか?」ということです。

例えば、「渋谷 飲食店」で検索すると『食べログ』や『ぐるなび』といった飲食店に特化した企業のサイトが表示されます。

このような企業に、一人のブロガーが情報量の多さで勝つのは不可能です。

つまり、有名な企業が検索結果に出てくるキーワードの記事を書いても、検索上位表示される可能性はほぼありません。

ですので、狙いたいキーワードで実際に検索をする競合サイトの調査は非常に大切です。

文章の書き方だけを勉強していてはブログで成功しません

ここまでお伝えしたように、ブログでは文章よりも大切なことはたくさんあります。

もちろん、読みやすい文章を書くことも非常に大切ですが、いくらいい文章を書いてもキーワード選定しなければ、検索上位に表示される可能性は低くなってまうのです。

ぜひ、この記事を参考にブログの記事を執筆してくださいね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる